トップ

クリニックについて

クリニックとの違いについて

クリニックと医院の違いは規模

クリニック、いわゆる診療所は入院ベッド数が19床以下で医院は20床以上の規模です。一般的に診療所は外来のみで入院設備はないように思われがちですが、実際には入院設備を備えている診療所があります。医院はより規模が大きいところがはっきりとした違いです。クリニックでは入院希望者の受け入れが少なく、患者全員の希望に添えない時は規模の大きい病院を紹介し、患者の希望に沿った治療を行います。紹介状があれば別の病院の初診時に余計なお金を支払う必要はありません。かかりつけ医の診察を受けた上で紹介してもらうと情報がすぐに伝わり安心です。

病院と医院の違いについて

街を歩いているとクリニックや医院といった看板などを見かけますが、それらに大きな違いはありません。ですが、病院とは異なっていて、病院はベッドが20床以上ある必要があり、3人異常の医師がいて患者3人に対して看護師が1人が必要という規制があります。医院などにはそのような規制はなく医師は1名でよいのです。そういったことから病院では高度な治療を必要とする患者が治療していることも少なくありません。クリニックには気になった人がその状況を診察してもらいに行くなど、軽い病気の人が行くイメージが強く、事実そうした人が多く通っています。

↑PAGE TOP